2020年03月08日

アルトサックス

1月に無理がたたって椎間板ヘルニアになったのだけど、その少し前から、音楽を久しぶりにやってみたいという気持ちが高くなっていた。それは、昨年に近くにできたライブハウスでビッグバンドのコンサートをみて、「やるじゃん、自分でもできるかな?」と思ったのと、もうひとつ、テレビドラマで大人の音楽教室を扱ったものを見て、この年になっても同様にまだできるかも、と考えたからだ。

で、音楽というと、何十年も前に入っていたバンドでは、ドラムを担当していたのと、その前にはギターも数年間弾いていたので、そのどちらかをまた習おうかな、と思った。しかし、ドラムはリズム楽器で、一人では遊べない、ギターはやってる人が多い。ドラムは一人で遊べない。

IMG20200301163255.jpg

ということで、一人で遊べるメロディーを刻む楽器を奏でたかったので、サックスを選ぶことに。サックスの指使い(運指)も全然知らないし、テナー、アルト、ソプラノなどという種類があるのは知っていたけど、それぞれの運指も違うのかなあ?などと思っていた(運指は変わらないらしい)。結局アルトを選んだ。

しかし、見たことはあっても触ったことも、勿論吹いたこともない。目の前にサックスがあればわからないなりにまずは手に取って吹いてみるのだけど、持っていないので、どうしよう。どこで習うのか、新しいサックスを購入するのにはどうしたらいいのか、全然わからないまま、某楽器屋さんに出かけた。

そこで、一カ月サックスをレンタルして、「体験教室」を始め、勧められるままに新しいサックスを購入することに。

必ずしも安い買い物ではないので悩むところだけど、youtubeなどで、サックス関係の動画を見てみると、安価なサックスと高額なサックスの吹き比べみたいな動画が結構ある。そんな動画を見てみると、耳の精度の悪い自分には全く良し悪しがわからない。だから、安いのでもよかったのだけど、教室の先生は、安いグレードのものは「音が悪い」と言われる。

なんにしろ、サックスを選択するには、素人の自分が吹いて決めるようなわけにはいかないので、先生に楽器を選んでもらうことにした。3本ほど候補のサックスを吹いてもらって、「どう?」ということで、一番よさそうなものを1本選んだ。

サックスの音色のいい悪いは、当たり前ながら、奏者の実力によるものが一番で、次に、本体でなくて、振動体(リード)などの性能の違いが大きいのではないかと今のところ思っている。

あと、ソロ練習だけど、今の時代はyoutubeという最高の先生がいる。探してみたら練習曲が譜面付きでアップされている。これは、サックスだけでなくて、ドラムやギターでも同様だ。

コロナの影響で、サックス教室は1ケ月休校になってしまったのだけど、腰が故障中で走れない分パソコン相手に練習が捗る毎日となっている。

posted by ashuken at 22:39| Comment(0) | ジョギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

椎間板ヘルニア・・

正月休みに走りすぎて、加えて部屋の片づけで腰に負担をかけすぎたためか、例の尻痛が再発した。1月中はそんなことで、あまり無理をしないようにしていたのだけど、なかなか良くならないどころか、月末になってかなり痛くなってきたので、知り合いの整形外科を受診した。

そこでMRI撮影してもらったところ、素人目にも見事にヘルニアになっていた。
ヘルニア1.jpg

「まあ、そのまま経過みようか、とりあえず。自然に治ることも多いから、痛みが引かなかったら手術だね・・」。と慰められ、鎮痛剤を処方してもらって帰宅した。その時は、何かにつかまらないと歩けないくらい痛くて、はた目にも悲痛な感じだったろう。

調べてみたら、椎間板ヘルニアは手術しなくても長期的に見れば予後に差がないという。ヘルニア脱出が自然吸収されることが結構あるというのだ。あまりにも痛かったり、仕事に差しさわりがあれば手術という選択肢もありうるのだけど、自分の場合は、仕事の体位(椅子に座る)程度であれば問題なかった。ただ、夕方になると結構痛くなる。

IMG20200223095325.jpg

尻が痛い、という感じは、実際には尻の中に問題があるのではなくて、脊椎の神経が圧迫されることによって尻が痛いように感じていたものと思われる。ちょうど肘の内側にある神経を何かの拍子で打ち付けると、手の先の方がビーンとなる感じに似ていると思う。

IMG20200223095629.jpg

そんな訳で、2月初旬に計画していた長距離走(津〜伊勢神宮)どころか、日常のジョギングもあきらめて、療養生活に入った。

IMG20200223101243.jpg

2月の初旬は家人が自分の足を引きずりながら歩く姿を見て、「おじいさんみたい〜」と心配される日々が続いた。困ったのは夜寝る時で、仰向けでは腰が痛くて寝ることができないので横向きになることに。でも数時間もすると下になった手がしびれるので、反対側に寝返るのだけど、寝返るときにすごく腰が痛い。熟睡できない夜が続いた。

IMG20200223102653.jpg

このやっかいな痛みは、腰を温めると緩和される。恐らくお灸やハリ治療が有効な痛みだろう。また自然治癒を狙って温泉に逗留するのも効果的な気がする。きっと昔のヒトは過労がたたってヘルニアになる場合が多く、そんな治療をして結構治ったのでその名残の温泉療養が残っているのではないかと思う。

IMG20200223103418.jpg

2月はそんな感じでじっと冬眠をするように家にこもっていた。今日までで1カ月ほどの療養となる。


IMG20200223103754.jpg

このところは、午前中は調子が良ければ痛みは感じないことが多い。ただ、午後は痛くなってくる。天気によることも多いし、仕事が忙しいと特に痛くなる。

IMG20200223105146.jpg

最悪のときの痛みを100とすれば、50くらいにはなった感じだ。1週間前からは朝の散歩を始めている。散歩をしたからといって腰痛が激しくなることはないようなので、今朝、一カ月ぶりに約3kmの距離をゆっくり走ってみた。今のところ腰痛の悪化はない。明日もう一度同じをゆっくり走ってみよう。春に向かって体が冬眠状態から抜け出すことを願って。

posted by ashuken at 21:17| Comment(0) | もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする