2017年05月06日

17GWの旅4

四国の西半分は訪れたことはないので、今回、急ぎ足だったけどその風景、雰囲気を感じることができてよかった。高速道路ができたのでこれからも飛行機+レンタカーなどで旅行の計画を立てたい。
DSCF9779-001.JPG
今回は最後に東予港からフェリーに乗ることになっていたので、22時までに東予港に行かなければならなかった。そんなわけで宇和島にも寄りたかったけど、時間的に余裕がなかったので、松山市内で夕食にして、時間を調節して東予に行くことに決定した。
DSCF9772-001.JPG
有名な道後温泉に寄った。温泉には入らずに、周辺をブラブラして夕食の場所をさがした。
DSCF9768-001.JPG
せっかくの四国だからと最後に鯛飯を連れが食す。鯛飯には2種類あって、これは生の刺身にタレをかけるタイプみたいだ。おいしかったとのこと。
で、最後にフェリーで大阪へ
DSCF9792-001.JPG
22:30出港で翌朝6:30に大阪に到着する。一晩をこの個室ですごした。結構大きい部屋だ。トイレ、浴室がないことと細かな振動を除けば快適な一晩を過ごすことができた。早朝4:30に明石海峡大橋の下をくぐるところをビデオに収めてみた。これをミステリー風に編集(笑)。

この日はちょうど我が夫婦の30回目の結婚記念日だった。3人の子供は成人して旅行には付き合ってくれなかった。2人でささやかな乾杯をしたのだった。。
posted by ashuken at 21:46| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

17GWの旅3

四国には記憶に残るような旅行に行ったことがない。中学の時に修学旅行で高知に行ったのだけど、はりまや橋とか、大歩危、小歩危とかいう単語が記憶に残っているだけだ。今回、せっかくだから四国の観光もしてみようと考えた。地図を見ると、高速道路も結構充実している。
8b.jpg
今治から高速を使って高知に到着。市内まで2時間半ほどだから周りの景色を見ていたらすぐに到着したという感じだった。
DSCF9735-001.JPG
高知新港の横を車で走っていたら、大きな客船が泊っている。高知は外国客船も多く寄港するようだ。観光地として外国人に人気があるのだろう。
DSCF9744-001.JPG
桂浜で、おなじみの坂本竜馬像を見学した。周りには中国語をしゃべる観光客が多数詰め掛けている。
DSCF9737-001.JPG
先ほどの客船からの観光客だろう。国際化した平和な日本を見て龍馬も安心しているだろうけど、最近のきな臭い東アジア情勢について龍馬は、勝海舟はどう思うだろう。
DSCF9740-001.JPG
40年前に買って、人生で3度目に読み返している「竜馬が行く」がちょうど手元にあった。少し恥ずかしいけど、記念撮影。そして、高知から急ぎ足で、四万十に向かう。しまなみ海道でサイクリングをしたのだけど、四万十川周遊のサイクリングをそのうちに計画したいので、その下見をするためだ。
DSCF9751-001.JPG
四万十川は、長良川に似ていた。新緑がまぶしい。時期的に鯉のぼりも空によく泳いでいた。
DSCF9753-001.JPG
四万十川といえば、沈下橋だ。こんな橋が何か所もある。
DSCF9758-001.JPG
コントラストの強い景色の中をエンジンの音をたてて小舟が進んでいった。この辺りで、10kmほど自転車を漕いでみた。その時の動画をアップした。

youtubeである程度の編集までできるので、結構ハマりそうだ。
posted by ashuken at 21:54| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

17GWの旅2

しまなみ海道は3回目だけど、天気は全て上々だった。瀬戸内は晴れの日が多いからだろうか。これも旅先を選ぶ上で大きなファクターだ。4回目もアリだな。
tizu17042.jpg
ところで、今回は通常のルートに加えて、上の地図のように大三島で、島を半分回るルートを追加してみた。
DSCF9718-001.JPG
約20kmほど余分に走ったことになる。
DSCF9720-001.JPG
この大三島には、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)という有名な神社があるそうで、知り合いから是非参拝した方がいいと勧められたからだ。
DSCF9722-001.JPG
境内には大きな楠がどんと植わっていた。宝物殿には国宝級の日本刀の集積があって、著名人も訪れるとのことだ。
DSCF9723-001.JPG
ただ、島半周はアップダウンがきつくて、これが計算外だった。向うに小さく見えるのは来島海峡大橋だけど、これを伯方橋と勘違いして、あまりの距離に愕然とした。。
DSCF9725-001.JPG
道はよく整備されているんだけど
DSCF9724-001.JPG
アップダウンということの覚悟がなかったので疲れがどっと出た。。
まあでも漕いで行けばゴールは近づく。
DSCF9728-001.JPG
伯方島で夕陽を眺め、
DSCF9729-001.JPG
午後7時にようやく宿(瀬戸内荘)にたどり着いたのだった。
posted by ashuken at 21:35| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

17年GWの旅1

今年のGWは3度目のしまなみ海道サイクリングを中心に計画を立ててみた。
1704tizu.jpg
サイクリングが中心ということで、自転車をどうするかが問題だった。列車移動で輪行という手もあったけど、ランドナーの重量(15kg以上)+旅行の荷物を考えると現実的でなく、ここは自家用車で運んでいくことに。また、帰りは瀬戸内海をフェリーで車を運んでもらうという、贅沢な計画となった。
DSCF9679-001.JPG
まずは、姫路城へ。大阪より西へは車で行くのは滅多になく、学会関係だと、福岡が多いので姫路は生まれて初めての訪問だ。
DSCF9682-001.JPG
素晴らしい景観に感動した。世界遺産だけのことはある。ただ、入場料1000円はどうかなあ。でも入場して城に関わる関係者がたくさん働いているのを見て、それに年間の維持費を考えるとそれくらいは必要なのかも、とも思った。これから名古屋城が木造で再建されるという。500億円とかの費用が必要というけど、その後の維持も含めて、この姫路城なみの運営ができるのか心配になった。
DSCF9695-001.JPG
どこから見ても絵になる。外国人にも自信を持ってオススメできる場所だ。
DSCF9704-001.JPG
その夜は福山に宿泊した。福山市は人口は金沢市と同レベル、長崎市より多い。駅周辺は整備されていて飲食店街もおしゃれだ。尾道は観光地だけど、福山のような地元の人が多く住む場所に宿泊し、夜は食事をして飲んで、地元の雰囲気を楽しむのもいいものだ、と思う。
DSCF9707-001.JPG
さて、翌日は尾道へ。ここからしまなみ海道サイクリングへ。ここで、このブログを読んでいる数少ない人は疑問に感じたかもしれない点がひとつ・・車はどうしたか、ということだ。
DSCF9711.JPG
車は、代行業者さんにお願いして、尾道から宿泊先(大島の瀬戸内荘)まで運んでもらうことにした。その費用は2万円弱だったけど、これも贅沢な行為だったといえるだろうなあ。まあ、旅行という行為自体が生産的でなくて、たんなる消費行為なのだから、額の高低は比べても意味ないか(と言い聞かせる)。

しまなみ海道のサイクリングは写真も撮ったけど、動画を撮ったので、これを編集してyoutubeにアップしてみた。新しい試みだ。ここまででおしまい〜
posted by ashuken at 21:42| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする