2016年02月28日

いつものコース

山県市〜樽見往復の60km弱のいつものコース、久しぶりにチャリで漕いだ。
DSCF4010.JPG
この間購入したフジフィルムX30の試し撮りも兼ねて。道脇には梅の花が咲いている。
DSCF4011.JPG
X30の設定をあれこれいじってみた。オート、絞り優先、シャッター速度優先などのほかに往年のリバーサルフィルムの名を冠した、プロビア、ベルビア、クラシッククロームなど、出来上がりの写真の色付けを特徴づけたモードがあって、写欲をそそる。
DSCF4012.JPG
デジイチのマニアであれば、RAWで撮影して、それを自宅のパソコンでソフトで色づけするのだろうけど、このカメラでは、その前の段階、カメラ内である程度結果を出してしまうという発想の転換がされているということだ。
DSCF4013.JPG
撮る写真はJpegで保存なので、ちょっと写真に興味ある自分のようなヒトにはいいのだろう。
DSCF4017.JPG
ただ、なんというか、「深み」のない写真になる傾向があるような気がする。ダイナミックレンジというもののせいか、単純にこのカメラの特性として明るく映りやすいのか(他の人の作品でも、−EVで撮影したものが多い)。
DSCF4018.JPG
特殊効果(フィルター)「トイカメラ」で撮影。林の中に木漏れ日がさすような景色にはこんな効果がちょうどいい。
DSCF4028.JPG
峠を越えると、北斜面になる。まだ雪が残っている。
DSCF4029.JPG
下り坂なのでスピードが増し、急に体温が奪われる。気温3度。ブルッ
DSCF4030.JPG
樽見の駅で小休止。
DSCF4032.JPG
峠を降りるとぐっと気温も上がり、15度ほどになっただろうか。
DSCF4033.JPG
X30、それなりのカメラだ。なんというか、化粧のうまい女性って感じ。ソニーのAPS−C機は、スッピンでも美人だけど、きゃしゃ。少し冷たい感じだけど芯は強い女性って感じ。どっちもいいけどね。。
posted by ashuken at 21:44| Comment(0) | チャリの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

フジフィルムX30

自分のカメラのメイン機は、ソニーのNEXーC3で、サブ機として、パナソニックのLX3などを使用してきた。ところが、このパナソニックがなぜか、どこかに行ってしまい(謎)、スマホのカメラを使うことが多くなってきた。でも、やはりカメラ欲しい物欲が出て、今回また買ってしまった。。
DSC_0739.JPG
左がX-30、右がNEX-C3.サブ機の方がでかく、重い(笑)!
DSC06435.JPG
このカメラの魅力は、何といっても、その外見だ。
DSC06431.JPG
男子のココロを虜にするスタイル(笑)。しかし、ズームの焦点距離、28〜112mmになってるけど、実際は7,1〜28,4mmで2/3インチサイズの撮影素子で、これは、NEXーC3のAPS-Cよりかなり小型で、「それなりの画像」ということになるのだろうな。
DSC06432.JPG
とはいえ、外見はそそる。右端のEV調節リング、これは欲しかった。ソニーはこの辺がすべてプッシュボタンで操作が煩雑だったのだ(今のα6000などは当然、このリングはついているけど)。
DSC06437.JPG
焦点(ノーマル、マクロ、マニュアル)切り替えレバーや
DSC06438.JPG
その他もろもろのスイッチや、ワイファイによる写真転送など、遊ぶ部分が多い。
・・・でも、でも、、やっぱりソニーα6000が欲しかったあ〜ゲスってしまったか(悲哀)。
posted by ashuken at 08:25| Comment(0) | もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

早春の伊良湖

昨日の祝日は、天気も良かったのだけど、岐阜方面はまだ、先日の大雪で路面が凍結していると思い、伊良湖方面にでかけることに。
DSC06381.JPG
大学生の子供2人とともにサイクリング。ロードとクロスバイクとランドナーという変な軍団でスタート。車は、田原市海浜運動公園に駐車した。ここから西に走っていく。
DSC06387.JPG
祭日の午前中早い時間帯なので道路(国道259号線)は空いているかと思ったら大間違いで、観光客だろうか、多くの車に追い抜かされた。気をつけて進んでいく。半島の先端部では、国道を逸れて県道にはいると、ほとんど車の通りのない快適な道になる。
DSC06396.JPG
菜の花畑が美しい黄色い絨毯になっていた。
DSC06397.JPG
もう春も近いと感じさせるこの日の天気だった。
DSC06399.JPG
フェリー乗り場で昼食。ここから太平洋側にあるサイクリングロードを走っていく。
DSC06400.JPG
半島の先端をグルっと回るコースが作られている。
DSC06404.JPG
太平洋も凪いでいた。ひねもすのたりってやつかな。
DSC06405.JPG
恋路ヶ浜を横切り
DSC06409.JPG
走っていくと
DSC06414.JPG
やや登りになって、振り返ると、岬がよく見下ろせる。ここで少し休憩。
DSC06416.JPG
この丘から下る感じが、「しまなみ海道」の感じに似ていて懐かしかった。
DSC06418.JPG
快適だ。
DSC06421.JPG
このあと数キロはこんな快適な一本道が続いている。
DSC06426.JPG
ただ、途中で国道に出たり、歩道を走るようなルートになるのだけど、渥美半島は、整備次第で、「しまなみ海道」のようなサイクリングには最適なコースが設定できるだろうと思った。愛知県も本気を出して整備をお願いしたいな。
160211atumi.jpg
この日のルート。60kmほど。


posted by ashuken at 23:04| Comment(0) | チャリの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

信長協奏曲

信長は言い伝えられるキャラクターがユニークで、いろいろな小説、漫画、アニメなどで取り上げられることが多い。今回は、タイムスリップした若者が信長と入れ替わるという設定の映画、信長協奏曲を見に行くことに。
DSC_0699.JPG
原作は漫画で、それが評判が良くて、テレビで放映され、今回は映画化された、という作品のようだ。
nobunaga_sub01_large.jpg
前半、少し寝てしまったけど、合戦の場面で目が覚めた。
nobunaga_sub02_large.jpg
陰謀や共謀、政略結婚など波乱の戦国時代を描くには、その騒動の度に原因→結果のための「盛り上げ」が必要で、BGMが突然無音になったり、騒々しいものになったりして見ていて疲れたけど、仕方ないものなのだろう。
nobunaga_sub03_large.jpg
やんちゃな性格の妻の帰蝶が、だんだんと信長に惹かれていくのが見ていてかわいかった。最後のシーンには観客のズっという鼻をすする音が聞こえて少し感動した。
nobunaga_sub08_large.jpg
試験が終わったのだろうか、中高生の観客が多く、彼らの興味が歴史に向かってくれればよいのだが、と思った。
DSC_0697.JPG
この日は、朝には10kmほどジョギングしたのだけど、いつものコースが工事中になっていた。津波対策だろうか。
DSC_0708.JPG
で、映画館の帰りに、こんなものを買ってみた。

スマホにクリップで付けることができる広角レンズだ。
DSC_0703.JPG
これが
DSC_0702.JPG
これくらいの画角になる。0.4倍ということだから、相当な広角になる。周囲はケラれるけど。
DSC_0712.JPG
で、名駅にでて、新しいビル群の写真も撮ってみた。。ここで、1mくらいのところから落下したら、見事にレンズに傷がついてしまった(涙)。
DSC_0713.JPG
高校クラブの飲み会でやけ酒飲んで二日酔いになった一日であった。
posted by ashuken at 21:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする