2016年01月25日

カラオケについて考える

カラオケといえば、大人の世界では宴会のときや、その2次会で「行くぞ〜」とばかりに、若いヒト、年よりや、いろんな立場のヒトとワイワイ騒ぐ機会を与えてくれる、いいツールだ。

そこでのカラオケの曲は、そこに居合わせたヒトのお得意、18番があればいいのだけど、ない場合は、皆が知っている曲や昔流行った曲などが歌われる。演歌やGSの曲など。

でも、それ以外にもカラオケに行く機会が増えた。我が家では、時々大学生の息子どもと一緒に夕食がてらカラオケを楽しむことがある。最近カラオケの施設ではピザなどの食事の持込ができるところがあるのだ。
DSC_0496.JPG
当然、大学生の息子は今流行の曲を、すらすら何曲も(何十曲も)歌い続ける。両親は、その合間にカラオケで用意された端末で、昔のヒット曲をおろおろ探して何回かに一回の割合で歌うのだけど、昔の曲だから、サビの部分だけなんとなく歌えたり、というのが多くて、家族の間でも、シラっとした雰囲気になることもあった。

子供に聞くと、このごろのカラオケ施設は、若者(大学生、高校生)の間では、酒なしでも楽しめる(20歳以下だから当然だけど)、いい場所、機会なんだそうだ。若い者はそこで、何時間でも歌い続けるらしい(笑)。

そんな息子との話の中で聞いた、カラオケのルール

@同じ曲は何回も歌わない(そのときは一回だけ)。
A友人の歌った歌は歌わない。
B同じ歌手の歌ばかり歌わない。
C転調をしないで原曲のキーで歌う。

などなど。恐らく彼(を含む友人)なりのルールなのだろうけど、カラオケ道、って感じで聞いていて面白かった。

さて、そんな息子に揉まれて、実は、今まではカラオケに対しては抵抗があったのだけど、自分も最近はカラオケを楽しむようになった・・で、自分なりの楽しみ方を考えてみる。

・・が、その前に、今までのカラオケに対する抵抗感のわけはなんだろうか、ということなんだけど、それは、もちろん、自分が歌が下手で、それを他人に聞かれるのが恥ずかしいということが第一だ。そして、もうひとつは、その場で、うろ覚えの歌を歌うことに対して、なんというか、歌手の皆様に失礼にあたるような気がするから。

プロがカンナみたいに命を削って情熱を灯して作った曲を酔った勢いで歌っていいのか、なんて思ってしまう。まあ、そんな大げさなものでもないし、歌えば歌うほど歌手(作曲者、作詞者?)にはお金が入ってくる仕組みなんだけどね(笑)。

歌はどうやったら上達するのだろう?自分は、音楽に関しては、ギターやドラム、DTMなどの経験から、楽器を演奏する上達方法はある程度心得ている。それは、つまり、「練習」「コピー」の繰り返し、ということだ。人間の本来自分自身が持っている楽器、口からでる「歌」も同じなんだろう。

・・と考えて、最近は、いろんな歌をコピーしようと、トライするようになった。そして、その行動で、今までは、主にメロディーラインやサビの一部で曲のよしあしを判断していたのだけど、このごろは、歌詞自体をまず見るような聞き方になってきた。振り返って90年代から今までのの曲の宝庫の中で何を選んでいくか、それをどうやって歌うか、結構ハマってしまっているのだ。。





posted by ashuken at 22:34| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

冬のダム湖

子供Bが待望のロードバイクを購入して、試走をしたいとせがまれ、本日は冬のダム湖(奥矢作湖)に出動することに。
DSC_0616.JPG
向こうに見えるのが新品のロードバイク。奥矢作湖は一周19kmか13kmか、わたる橋により距離を選ぶことができる。子供は、19kmをチャリで2周、自分は13kmを走って一周という計画を立てた。
DSC_0618.JPG
子供はあれこれチャリの準備をしていたのだけど、自分は走るだけなので、すぐにスタート。しかし暖冬とは言えさすがに山の中のダム湖の朝は寒い。軍手から出た指先がジンジンするなあ。
DSC_0619.JPG
ミスチルを聞きながらゆっくり走っていく。ダム湖を挟んで対岸の山も冬のモノトーンの装いだ。車やバイクもほとんど通らないけど、時折山道を走るのが趣味みたいな2シーターの車などが飛ばしてくるので用心する(ヘッドフォンも音を落とす)。人がいないので音楽に合わせて歌ったりするのもいいもんだ。見られたらマズいが(笑)。
DSC_0620.JPG
道脇の枯れ草に霜がおりている。気温は0度以下だろう。
DSC_0623.JPG
ダムを渡り対岸について、駐車した場所を目指す。
DSC_0625.JPG
一周13kmを1時間と少しで走り終えて、コンロで湯を沸かしフリーズドライの豚汁を飲む。体が温まって幸せな気持ちになった。
DSC_0627.JPG
帰宅後、もう1台の車、パジェロミニの切れたテールランプを交換した。
DSC_0628.JPG
ランプの交換は、ドライバー1本でできる。工賃が節約できてまた幸せな気分に。
・・幸せはこんな何気ない日常にあるのか、なんて思った。
そういえば、足助で温泉に浸かって帰ろうかと思って行った施設が閉鎖されていた。10年前、2006年のこのブログの記事ではまだ営業していた。時の流れの速さも感じるなあ。
posted by ashuken at 21:52| Comment(0) | ジョギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする