2015年12月30日

エルニーニョ(怒!)

11〜12月は仕事多忙にて久々のブログ更新(とはいえ、11月〜12月の日曜日にはあちこち遠征したのだけど)。

が、年末はさすがに時間が取れて、数年ぶりにスキーを予定した。泊りの予定で行先は白馬、八方尾根だ。宿泊はリゾートホテルみたいなとこは好みに合わず、毎回民宿にしている。今回もこのコースで行こうと考えた。このごろは、スキーはあまり流行らないとのことで、甘く見ていたら結構予約が入っているみたいで2、3件断られた。

にしても、今年は暖冬ということで天気、積雪状況が心配だった。
DSC06353.JPG
行きの高速、SAから木曽駒を見る。さすがに3000m峰になれば白い帽子をかぶってる。この日は、宿まで行くだけの行程だった。翌日は、冬型の気圧配置が強まるということで期待していたのだけど。
DSC06355.JPG
民宿の朝。歯を磨きながら久々のスキーに期待するのだけど。。民宿の親父さん、車で送迎の途中で、「今日はどうかなあ、、」と不安げ。
RIMG0071-001.JPG
で、現場に到着したら、ゲレンデの下部は雪不足でブッシュが所々出ている。リフトも止まって滑走不能だ。それで、上部ゲレンデに行こうと、ゴンドラに乗ることにした。が、そのゴンドラがなんと、強風で止まっている。・・まあ、とはいえ、麓はほとんど風も感じないので、そのうち動き出すだろうと待っていた。が!2時間以上も並んでも結局動かず、情報で、「上部は20mの強風」とのことで、しかたない、この日のスキーはあきらめたのだった(嘆)。
DSC_0558.JPG
で、この日は、大町まで出て、3時間以上カラオケを歌いまくる。若いころならスキーできないと結構落ち込んだろうけど、最近は別に何とも思わない。スキーに魅力がなくなった、というよりは、他に魅力が増えたということなんだろうな。
DSC_0557.JPG
そういえば、この日、ゲレンデでリフトが動くまで(結局動かなかったけど)時間つぶしに入ったレストランが、外国人向けのものだったみたいで、スタッフが全て外国人で、日本語が通用しない。白馬エリアは最近国際化が急速に進んでいて、どうだろう、滑っている人の2割以上(感覚的には半数くらい)が外国人だったろう。民宿のおじさんは、国際化はあまり歓迎しないようなことを言っていたけど、民宿でも外国人を受け入れることができるようなシステムを作ったり、アクセスやサービスももっと国際化すれば新しい日本の魅力を発信できる場所になるだろうな。
RIMG0073.JPG
でも、翌日には、なんとかゴンドラも動いて、上部のウサギ平で滑走を楽しんだ。が、それも1時間余りで、午後からは帰宅の途に就いたのだった。
DSC06356.JPG
帰宅中、大町から爺ヶ岳方面を見る。今シーズン、もう一回はスキーを楽しみたいが(無理かなあ・・)。


posted by ashuken at 23:09| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする