2015年07月21日

奥美濃へ(2)

一人キャンプ泊だと、夕食後何もすることがないように思われるけど、酒を飲みながらラジオを聴いたり、スマホで音楽を聴いたり、本を読んだりしていると結構あっという間に時間が過ぎていく。そのままだと夜更かしをしてしまいそうだけど、翌日のことを考えて9時頃には就寝した。夜中に結構ザーっという雨音で目が覚めた。
DSC05984.jpg
翌日は一宮で家人と待ち合わせをしていたのだけど、3時頃という待ち合わせ時間から逆算すると、朝7時にはスタートしたい。となると、起床時間は6時前になろうな。欲をいえば、もっと早く出たい。
DSC05985.jpg
それで、早朝4:30にアラームをセットした。朝食は菓子パンで済ませたけど、雨に濡れたテントの撤収で少々時間を食って、出発は6時少し前になってしまった。
DSC05986.jpg
出発してまもなく、自宅の近所にあるのと同じ名前の神社に出会った。なにか由来があるのかなあ。
DSC05987.jpg
円空にも縁がある場所だそうだ。さて、今日は、この先の林道を400mほど登り国道に出て、長いトンネルを越える。林道は舗装されているかどうか心配だったけど、グーグルストリートビューで舗装されている事が確認できたし、キャンプ場の管理人さんに聞いたら、大丈夫(けど大変だよ〜)・・との話から出発を決心した。
DSC05990.jpg
沢沿いに舗装路が走っている。綺麗に舗装されているので走りやすいけど、15kgほどのキャンプ用具一式を後ろにくくりつけて登るのは大変だ。
DSC05993.jpg
心配なのは、パンクと「クマ」だった。パンクは一応修理用品は持参していたのだけど、簡単にはいかないだろう。岩のかけらなどを踏まないように慎重に進んでいった。「クマとの遭遇」はもうひとつ怖かったことだ。熊スズは持っていなかったので、どうしよう、と悩んだあげく、スマホの音楽を最大音量で流して走っていくことにした。朝6時頃に山中で聞こえる「SEKAI NO OWARI」にはクマも驚いて寄ってこなかった。
DSC05994.jpg
なんとか林道を抜けて、国道256号に出る。もう少し行くと、長いトンネルに出会う。長さは4km以上(!)。数百メートルのトンネルでも怖いのだけど、その10倍ほどもあるトンネルをチャリで走るのはまたまた心配だった。ただ、下調べで、大型車の通行はなく、普通の車両も通行は少ないとのことだった。実際には10台以上の車に追い越され、また対向された。
DSC05997.jpg
トンネルを抜けると、すぐに、板取川をまたぐ橋になる。
DSC05996.jpg
近くの喫茶店で2度目の朝食。
DSC06004.JPG
このあたりは最高に走りやすい。ご機嫌だった。
DSC06009.JPG
夏空に白い雲が浮かんで眩しいなあ。
DSC06013.jpg
鮎つりのメッカでもあるらしい。
DSC06016.jpg
しかし、関から岐阜に抜ける頃から気温が急上昇し、
DSC06017.jpg
1時過ぎに一ノ宮に着いたときには、気温が35℃(!)となり、熱中症寸前でなんとか家人との待ち合わせ地点にたどり着く事ができたのだった。
posted by ashuken at 22:48| Comment(0) | チャリの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする